img_01

保育士の給料を上げる転職

数年前から深刻化している待機児童の問題は、いまだに目覚ましい改善が見られません。その背景には、保育士の給料が安すぎるという事実があります。

厚生労働省の統計によれば、他の職業の平均より月収が10万円ほども低いとされています。


さらに長年勤めてもスキルアップのシステムがないため、昇給しにくいことも問題です。仕事が大変な割には社会的な評価が低いという理由で、資格を持っていても保育士として働いていない人は、全国で60万人いると言われています。

認可保育所に勤める保育士の給料は、保護者からの保育料と、国や地方公共団体からの補助金によって賄われます。



このうち保育料は公定価格なので、保育所が勝手に上げることはできません。

ですから補助金を増額するしかないのですが、どこの公的機関も財政難を口実にして、お金を出したがりません。
むしろ、もっと給料の安い「准保育士」を導入することが、「成長戦略」の一環として検討されています。

このような状況で少しでも待遇を改善するために、民営の保育園へ転職するのも一つの方法です。
公立の保育所のように身分が安定しているとは限りませんが、経営主体によっては好待遇を望むことも可能です。



ただし最悪の場合は倒産やリストラのリスクもあるため、転職したい職場の財務状況や経営理念をよく調べることが大切です。


専門の転職サイトに登録しておくと、転職者の声や離職率などを知ることができて、職場選びの参考になるでしょう。

リクナビNEXT JOURNALサイト利用者からとても評判です。